ついでのフィールドノート
2019年5月15日(水) AM5:30〜14:30
埼玉県中部

 今回もサシバ狙いで、いつもの沼から林をひとつ越えた、別の沼の前で待機。 しかしクイナの涼しげな声が響くばかりで特に何も出ない。 そのうち、草に埋もれて眠ってしまいました。
 やがて日が昇って来て暑くなり、諦めて日陰のあるところに向けて移動。 その途中、車道からタヌキの姿を見かけました。

 移動先でも特に鳥は出ず、数羽のモズ幼鳥が近くをうろうろするのと、青空と入道雲の下で時々トビ、ノスリが飛ぶ程度。 こちらでも何度か気持ちよく眠り込んでしまいました。
 昼過ぎになってから、ほんの5〜6m先の草むらがガサガサし、何か動物が走って行きました。 15mほど先で顔を出したのはノウサギでした。
15分以上も、斜面の草を食べていました。
いなくなった後に齧り痕を探してみたのですが、全く見当たらない。
根ごと引き抜いて食べていたのかも知れません。
写真を後から見たら、右耳に付いているのはダニらしい。
 鳥はほかに、一度だけ現れたオオタカ、それにオオヨシキリ、セッカ、ヒバリなど。
2019/05/15
HOMEへ