ついでのフィールドノート
2019年5月2日(木) AM5:08〜
埼玉県荒川河川敷

 10連休は事前の予報よりは天気が良く、この日も晴れ&無風の予報だったので早朝から出発。 途中、荒川河川敷を通りかかったとき、遠くの鉄塔上にハヤブサを見つけました。
 水浴びの後だったのか、体を震わせたり頭を掻いたりしていましたが、時間が経つほどに落ち着いてきて、20分ほど後にはほとんど動かなくなってしまいました。 仕方ないので、いつもの場所を目指して再出発。

2019年5月2日(木) AM6:00〜13:00
埼玉県中部

 前回目を付けた、サシバが来そうな田んぼの前で待機。 カエル、ガビチョウ、シジュウカラの声を聞きながら待っていると、突然ツミの声が聞こえました。
 しかしその後はサシバどころかサギも降りて来ず、キジがゆっくり歩きながら時々ドラミングするのを見ただけ。 8:00まで粘りましたが諦めて、いつもの沼地へ。
8:28 オオタカの声が遠くから聞こえてきました。
8:54 沼の向こうの林から、意外にもフクロウの声。曇っていますが、薄暗いということは無いのですが。
9:30 沼の上を低く飛ぶ赤茶色の鷹。やっとサシバが現れましたが、そのまま行ってしまいました。
9:32 しかし再度サシバが現れ、今度は林の上空を滑空しながら旋回。 3分ほども飛んでいましたが、曇り空バックなので写真は真っ黒。ちなみにこの林の向こう側は別の沼があるので、そちらが狩場になっているのかも知れません。
画像ソフトで明るくしてやっとこの程度。

9:51 再度フクロウの声。今度は繰り返し鳴いています。先ほどとほぼ同じ方向から聞こえて来るので、ずっと留まっているのかも。 また、おなじみの「ホゥホゥ、ゴロッホホゥホゥ」のあと、「ホッホッホッ…」と長く続けています。 アニメによくある「イヤミなおじさん」の笑い声にちょっと似ている。

 このあとは別の作業をしながら様子を見ましたが特に何もなく、13:00で撤収しました。
 が、曇り空が晴れて気温はおそらく25℃ぐらい、この時間帯に移動は辛いので、森の中でレジャーシートを敷いて昼寝しました。 昼寝の2時間ほどの間に、オオタカのメスの声、キビタキの声。
2019/05/02
HOMEへ