ついでのフィールドノート
2019年3月14日(水) 11:40〜16:40
埼玉県中央部

 週末は仕事だったので、休みをとって鳥見へ。 今日も暖かく、ハイタカはもういないかも知れないですが、ネットの効果が面白く、何となく期待大。
11:44 まずチュウヒが通過しました。 いい位置を飛んでくれたけどうまく撮れなかった。ネット越しの撮影のコツがいまいち掴めません。

12:01 50mほど先に、タヌキが現れました。 普段は出会っても猛ダッシュで逃げられてしまうのですが、今日はゆっくりエサを探しているようです。 ネット越しの人間を認識しにくいのは哺乳類も一緒なんでしょうか。

13:09 何度かオオタカの声はしていたのですが、近くで警戒声を発し始めたのでよく見ると、意外にもすぐ近くの水辺に降りていました。 そして一口、水を飲みました。
 体がまっすぐこちらを向いているので、隠れているのがバレそうに思いましたが、他の方向を見たりしていて大丈夫だった模様。 しかし地面に長居するはずもなく、すぐに飛び去りました。いつか、鷹やハヤブサの水浴びを見てみたい。

 このオオタカはいったん姿が見えなくなりましたが、13:37、少し離れたところにまた、オオタカがいるのに気づきました。 割と落ち着いて見え、頭を掻いたりしています。
 そのまましばらくとどまっていましたが、13:54、飛び去りました。

 この後、急に風が強くなってきて、寒くなってきました。 同時に雲や霞もなくなって明るくなったので、頑張って居座ってみましたが、鳥の気配も無くなってしまったので16:40、早めに撤収。
 他には、ノスリ、トビ、シメ、エナガ、ベニマシコ、カルガモ。
HOMEへ