ついでのフィールドノート
   
2018年8月9日・10日
都内某所


  
 猛暑の続く都内、昆虫でもいないかと公園を歩いていると、モミジの木にヒヨドリの巣を見つけました。 親らしい羽毛のボロボロの個体が時々やって来て、何やら巣の中をメンテナンスするような動作をしたり、座ったりしています。ヒナは見えません。
      

 状況はイマイチ分からないのですが、夜に行ってみると、親が座っているようでした。

         


     


      

      


HOMEへ