ついでのフィールドノート
   
2018年4月29日(日) AM 5:30〜10:00
さいたま市西区


5:30 チョウゲンボウの巣、想像通りオスは不在。巣にメスがちらりと見えます。
5:53 オスが手ぶらで戻り、ビルの屋上へ。軽く羽繕いなどして、落ち着いてしまいました。時々位置を変えますが、特に動かず。
6:50 オスのすぐそばをハクセキレイのつがいが通過。 ハクセキレイのオスはチョウゲンボウを牽制するように、ちょっととどまってから飛び去りました。
      

7:19 オスが突然急降下。フェンス越しに覗き込んでみると、工場のアスファルトの地面に降りていました。が、すぐに飛び去る。昆虫でも見つけたのか。
7:27 カワラバトが巣の下の空間を覗き込む。チョウゲンボウのオスがいつも怒る行為。 オスの居ぬ間に、ということでしょうか。カワラバトはそのまま巣の真下にある空間に入り込みました。 あそこで産卵したいのかも知れません。
      

7:55 オスが獲物を持って戻りました。おそらくネズミ。巣でメスに渡し、メスは獲物を持ってビル屋上へ見えなくなり、オスはそのまま抱卵姿勢。
8:00 メスが手ぶらでビルの壁面に現れました。ネズミを食べたにしては時間が短く、屋上に隠したかも。
メスはしばらく頭を掻いたり、ちょっと移動したりしています。
     

8:25 メスが巣へ、オスと交替。オスはビル屋上にいたが、数分後飛び去る。
しばらく待ってみましたがオスは戻らず、陽が高くなって暑くもなって来ました。
8:59 撤収しようと荷物を片付けて自転車に乗り、ビルを見上げると、メスが食事中。 巣にオスらしい尾も見える。いつ入れ替わった?自転車に荷物を積んでいるとき?
とりあえずメスの食事を監察。獲物はネズミ、新鮮そうで、さっきオスが持ち帰ったものかも。
      
 メスはどんどんネズミを食べて完食。すぐにオスと交替するかと思いましたが、そのままビル屋上に陣取りました。 オスがどのくらい抱卵するのか見てみようと思い、待ってみたのですが交替する様子がありません。
9:32 近づいたハシブトガラスを追ってメスが飛び、見えなくなってしまいました。
9:58 やっとメスが戻って、抱卵をオスと交替。ちょうど1時間オスが抱卵していたことになります。
これを見届けて、撤収しました。
      


HOMEへ