ついでのフィールドノート
   
2018年4月20日(金) 13:10〜14:00
六本木ヒルズ


 冬鳥は去り、旅鳥や夏鳥はまだ来ない。子育ても始まらない。 鳥については東京が静かな時期。 ダメもとで毛利庭園で待っていると、岩陰からデカい鳥が出てきた。 アオサギでした。       

 上空を通るのは時々見ますが、降りてきたのを見るのは初めてです。 周囲の歩道を人が歩くのもカメラを向けられるのも特に気にする様子無く、池の岸沿いをのしのし歩き回る。 岩の上に静止して狙いをつけているのでドジョウでも捕るのかと思ったら、くわえとったのはザリガニでした。 ここにアメリカザリガニが住んでいるとは知らなかった。まあ、いかにも誰かが放しそうですが。 しばらく歩き回って何度もいとも簡単にザリガニを捕らえていました。

 他に競争相手はいなそうなので、これはいい餌場だなと思っていたのですが、後で写真を見て驚きました。 最後に捕まえた大きな獲物は、カエルでした。
      

 しかも背側が茶、喉から腹が白、赤い後ろ脚がやたらに長く、これはニホンアカガエルでは?もっとちゃんと撮ればよかった…。
     

      


HOMEへ