ついでのフィールドノート
   
2018年2月12日(祝・月)  12:30〜16:30
桶川耕地


 風邪⇒軽い肺炎⇒しつこい咳と続いて、ここに来るのが1か月ぶりになってしまいました。 猛烈に寒かったり雪が残ったりで、健康でもなかなか来れなかったかもしれませんが。
 晴れていますが、陽が出たり曇ったり、風が無いかと思うと急に強く吹いたりと、落ち着かない天気。 そこそこ寒い中待ってみましたが… とにかくノスリトビばかりが飛ぶ。 他はみなどこかへ行ってしまったのか…。
12:44 はるか高いところで小さく見える猛禽が飛んでいたのを、何とか撮影。 後で見ると、チョウゲンボウでした。
13:33 やっとオオタカが登場。 それを追っていくと、一段高いところにチョウゲンボウが帆翔しているのが見えました。       

茶色部分が濃くコントラストのはっきりしたノスリ。

13:55   チュウヒが現れました。頭から肩にかけて純白に見える個体。 昨年末によく現れたのと同じ個体かも。
14:38 別のチュウヒが飛ぶ。
      

 
15:17 ハヤブサが現れました。 今シーズンやっと初認です。しばらく風の中をパタパタ飛んで、にわかに急降下して林の向こうに見えなくなりました。
そのあとしばらくハイタカを待ってみましたが現れず。まだ明るかったですが、16:30で撤収しました。       
 

      


HOMEへ