ついでのフィールドノート
   
2018年1月7日(日)  12:10〜16:10
桶川耕地


 やや強い風に逆らって来たものの、2時間にわたって、 時々ノスリが飛ぶ以外全く動きなし。 青空とかすみ雲にノスリという絵はたいへんきれいなのですが。
14:18 チュウヒが現れました。 先月頻繁に現れたのとは別の、背側が濃色で頭も灰色っぽく、腹側が白い個体。       

 これを見送った直後、 オオタカが現れ、地面ぎりぎりを低く飛んで行きました。
14:23 トビが今日初めて現れました。
14:32 オオタカが帆翔を始め、どんどん上がっていく。       

 
 その手前をスマートな猛禽が横切ったので追うと、これは チョウゲンボウでした。
14:52 チョウゲンボウが再度飛ぶ。
15:06 沼の上をふらふら飛んで来る鷹がいたのでチュウヒかノスリと思ったのですが、あとでビデオを見るとオオタカらしい。 つくづく難しいことよ。
15:33 この冬は「15:30になると、ハイタカ雄が南から北へ飛ぶ」ことが多いのでそれを待っていたら、東から西へ ハイタカ幼鳥が飛んで行きました。       
 

      


HOMEへ