ついでのフィールドノート
   
2017年12月29日(金) 12:15〜16:15
桶川耕地


 前日の天気予報が外れて、強風の中を自転車で走る羽目に。
たどり着くのに時間はかかったものの、今日も耕地に キジバトをはじめとした鳥の姿が多い。
12:31 頭の白い チュウヒハシブトと空中戦を始めました。 チュウヒの方が翼開長がだいぶあり、一回り大きく見えます。       

13:26 少し遠くを チョウゲンボウが飛びました。
13:40 頭の白いチュウヒが再(?)登場。
14:52 チョウゲンボウが飛ぶ。
15:30 頭上をハイタカが南から北へ飛びました。 予想通りの時刻に予想通りのコースを飛んだのに、全く撮影できず。何やってんだか。 しかし15:30のハイタカ雄通過が3週連続で観察できました。
16:15 悔しいのと先週のミサゴもあるので少し粘りましたが、特に何も起きず。撤収しました。

16:30 自転車での帰路、開平橋の手前で聞き慣れない声がしました。近づいてみると、地面に ケリ2羽が休んでいました。 写真を撮ってみましたが遠いだけでなく暗いのでボケボケ。早々に遠慮しました。
16:39 開平橋から上江橋に向けてしばらく走ると、前方から大きな猛禽が飛んできました。むやみに翼が長く尾が短い。 すぐにミサゴと分かりました。 わざわざ僕の頭上で1回転し、さらに上流へと飛んで行きました。       

 
他には、ノスリ、トビ、タゲリ、モズ、アオサギなど。       
 

      


HOMEへ