ついでのフィールドノート
   
2017年12月16日(土) 12:40〜16:00
桶川耕地


 日曜日は風が強いとの予報だったので、土曜日に出撃。
12:44 国道16号から河川敷に降り、入間川の側から ベニマシコの声が聞こえるなと思っていると、送電鉄塔のあたりから猛禽が上がりました。 大きく見えたのでオオタカかと思いましたが、カメラのズームで寄ると体型がハイタカ。 3分ほどもかけて徐々に高度を上げて、南の方向に見えなくなりました。       
喉の辺りが赤っぽくも見えるが、雌雄は分からないな…。
13:00過ぎにいつもの場所に着きましたが、なかなか鳥が出ない。遠くを飛ぶ  タゲリ、ノスリ、トビ、それに200m先の高木にとまる枝越しの オオタカなど。

 天気は最高でやや暑いくらいでしたが、15:00過ぎて涼しくなってきた。
15:21 南から北へ、ハイタカ雄が横切りました。遠かったが胸の赤さが見えました。
15:33 東から西へオオタカが飛びました。       

 
 この時期は15:30を過ぎると寒いうえに暗くなってしまうので、前回・前々回は早めに切り上げたのですが、 今日はさほど寒くなく、雲も無いため明るい。なので少し粘っていると、
15:59 再度ハイタカが飛びました。       
 

 他には、セッカ、ジョウビタキ、モズなど。       


HOMEへ