ついでのフィールドノート
   
2017年12月10日(日)  11:45〜15:40
桶川耕地


 よく晴れて暖かい。
11:49 着いてすぐ、 オオタカが飛びました。       

12:24 ハイタカ系の猛禽が舞い上がった。 カメラの小さなモニタで見てオオタカかなと思ったのですが、後でPCで見ると、長い初列風切と短い首、灰色の頭部、 ハイタカのようです。写真によっては白く太って見え、頭部も黒く写っていてオオタカと間違えそう。 しかし上の11:49のオオタカとはやはり体型が違います。       

 
14:02 東の空をタカが飛んだ。これは分かりやすいオオタカ。やはりハイタカより頭が大きく首も長い。       
 

14:50 下流方向から、小さい翼の尖った猛禽が飛んできた。背の青いコチョウゲンボウ。 今シーズン初めてです。耕地の地面ぎりぎりを猛スピードで飛び、斜めに河川敷を横切って西へ去りました。

他には、ノスリ、トビ、セッカ、タゲリ、ジョウビタキ、エナガ、モズ、アオサギなど。       


HOMEへ