ついでのフィールドノート

   
2017年10月1日(日)  14:30〜15:00
さいたま市西区

   
 薄曇りで少し暑い。30分だけ待ってみたものの、 チョウゲンボウの姿は無し。
      

   
   
2017年10月1日(日)  15:15ごろ
三橋総合運動公園

 時間つぶしに、近くのビオトープのある公園へ。 おそらく5年以上来ていなかったので予想はしていましたが、大きな池だった遊水地が、ヨシが生い茂り、草原に近くなっていました。 探さないと水面が無い…。
それでも季節によってはバードウォッチャーが来るらしいので、草地の鳥が来るのかも知れません。       

   
   
2017年10月1日(日)  16:30〜17:00
さいたま市西区

 買い物を済ませて再度寄ってみると、いつもの工場に チョウゲンボウのオス/メスがとまっていました。 メスは巣の位置にとまっていましたが、オスはドバトを神経質に追い払ったり、 カラスと空中戦をしたりと、ちょっと忙しそう。 やがて2羽とも建物の向こうに飛んで見えなくなりました。
      

きれいな個体なので個体識別の手掛かりが無い… 次列風切りの先端が白いようにも思いますが、こういうのは年齢によるかもしれないので、 すぐに変わってしまいそう。
      


 

 
 

 

 

 

 


HOMEへ