ついでのフィールドノート

2016年11月25日(金) 12:20〜16:00
桶川耕地


 

 観測史上初めて11月に東京で積雪があった、その翌日。よく晴れて風も無いのですが、気温が低い。青空・紅葉・雪で少し不思議な風景。平日のため、サイクリングの自転車も通らず、スカイダイビングも無く、かなり静かな感じ。鳥も一見少ないけれど、よく見るとハクセキレイ、ヒバリ、キジバトがかなりの数いるようです。
ゴルフ場には結構雪があったのですが、畑はほとんど融けていました。
 東側の空の比較的低いところを、ハイタカが横切りました。
せっかくいいところに出たのに、カメラは辛うじてハイタカと分かるレベル。
 オオタカ成鳥が木にとまり、そこにいた別の鷹が追い出されてこちらに飛んで来ました。最初のオオタカより小さかったのでこれもハイタカ?と思ったのですが、
 お腹が白く見え、これはオオタカ♂らしい。
 ほかには、ノスリ、トビ、カケス、モズ、ガビチョウ、ウグイス、ジョウビタキなど。
 
 左は2016/1/3撮影のハイタカ(おそらく♂幼鳥)、右はこの日撮影のキジバト。
 ハイタカはキジバトよりスマートな感じ。

 

 

 


HOMEへ